髭が邪魔になってきたので品川でヒゲ脱毛。医療脱毛とメンズ脱毛サロンはどちらがおすすめ?

私が髭を邪魔だと思い始めたのは高校2年生の頃になります。
初めは、産毛がパヤパヤと生える程度で、T字のカミソリではなく、母が眉を整えたりする用のカミソリで優しく剃っておりましたが、それでも何度も顔を切って血だらけになったのを覚えています。
それまでは気づかなかったのですが、どうやら私は、肌が弱かったらしく、金属アレルギー程ひどくは無かったのですが、カミソリ負けがハンパなかったです。

髭を剃るたびに、切り傷とカミソリ負けでヒリヒリが毎日でした。
傷とヒリヒリが治りかけた頃には、また、うっすらと産毛の髭が生えてきて、嫌だなぁ、また髭そりかよ!といつも憂鬱でした。ニキビなどはほとんど出来ませんでしたので、まだ良い方だったのかもしれませんが、思春期の多感な時期でしたので、髭が生えるのも嫌だし、カミソリ負けで肌が荒れて、口の周りや、顎にかけて真っ赤になるのも嫌でした。どっちもカッコ悪いでしょ。

そのうちどんどんヒゲも太くなり、シェービングクリームや、少し高めの、T字のカミソリを購入し、試してみたりしたのですが、それでもあまり効果がなく、切り傷は減りましたが、カミソリ負けで、肌荒れが増えたくらいです。
高校を卒業し、就職したのですが、店舗でお客様と接触する仕事に着きましたので、これまで以上に身嗜みには気をつけなくてはならなくなりました。
毎日髭をそり、真っ赤になったカミソリ負けの肌に、メンズのファンデーションをパタパタして、職場に行っていました。

休みの日は、何時間もかけて髭を毛抜きで抜いていた時期もありました。あれは地獄でした。おすすめ出来ません。
ですから何万もするシェーバーを買いましたが、これもダメ!やっぱり真っ赤に荒れるのです。
ある程度髭がお洒落として認識されはじめてからは、格段に楽になりました。毎日ツルツルに剃らなくてもいいからです。楽になったのは良かったのですが、今度はチラホラと白い毛が見えてきました。

やっと去年からひげ脱毛に通うことになりました。私は品川に勤めているので、品川にある皮膚科を探してみましたよ。私がその時参考にしたサイトはこちらです⇒ヒゲ脱毛品川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です